本文の開始

大施餓鬼会

大施餓鬼会

施餓鬼会とはもともと、餓鬼道に堕ちて飢餓に苦しんでいる衆生に施す法要のことです。それが亡者供養と結びつき、現在のような先祖供養の法会となっていったようで施餓鬼棚という檀を設けて、お膳・浄水・供物(洗米・乾物・野菜等)を捧げ、大勢の僧侶方に出頭いただき読経をいたします。読経中にご先祖様や故人様の戒名等をお読み上げし、供養を行います。
当山では毎年五月二十一日に大施餓鬼会を厳修しております。法要前には約1時間の法話がございます。
一般の方のご先祖様・故人様の供養も受け付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

施餓鬼会参加方法

あらかじめご予約いただき、供養されたい故人様・ご先祖様の戒名等をお知らせください。お布施は当日お持ちいただいても、事前にお振込みいただいても結構です。法要時間前にはお越しいただき、受け付けにてその旨をお伝えください。
また、当日参加出来ないという方でもお申込み可能です(前日までにお布施をお振込みください)。
詳細はお電話にてお問い合わせください。

■ 開催日程

開催日 開催場所 法話 法要
5月21日 長松寺本堂 12:00より 13:00より

■ 参加費・お布施について

ご供養のお布施として、御一霊様10,000円よりお気持ちでお納めください。


ページの終了